ラブドールが喋っとるんやけどどうするコレ?アンドロイドの未来

スポンサーリンク

エロのはずが…

キョー@q_ohhhです。

突然ですが、ラブドールが喋ってます。。。

このアンドロイド、アメリカのRealbotix社ってとこが開発。

つかすでに商業ベースに乗ってるってよ!

ロボスタより

目玉となるAIシステム「harmony AI」はオーナーとの間で、パートナー、友達、恋人になれるように設計されたシステムだ。

セックスロボット向けに搭載するためのシステムではあるが、スマートフォンのバーチャルアバターとしても利用できる。

アバターと呼ぶ人格を切り替えることができる同システムでは、異なる人格で学んだことは共有されず、まさに別人格としてつきあえる配慮がされているという。

またキャラクターの外見や性格を自由にカスタム、変更することができる。

またバーチャルリアリティ(VR)のシステム(Windows/MacOS)での連携機能も用意されている。

この通り、機能はてんこ盛りだ。

なお「harmony AI」のスマートフォンアプリは現在Android版のみリリースされている。他のOSは今後リリースされる予定だ。

コレもうエロがどうのこうのじゃないよねww

ラブドール企業、中国で世界初の株式上場

中国もかなり進んでるみたいで、世界初の株式上場も。

その名もEXDOLL社。

https://twitter.com/zhong822/status/1050813517899558912

つか今この動画見つけたけど、コレかなり衝撃的だぞ…

口元なめらか美女や…

中国はベンチャー支援の資金が、日本の10倍以上あるんですよね。

だから新しい技術も育ちやすいというね。

日本の場合は、腐り果てたじいさま達にお金全部もっていかれて、若いとこが育たない。

マトリックスの「セカンドルネサンス」

コレだけ本格的なロボットがでてくると、当然恐れも感じるわけで。

マシンの反逆なんてターミネーター以来のネタですが、まあ頭をよぎるよね。

それで。

友人に教えてもらって見たんですよ。

マトリックスのオムニバスアニメ。

セカンドルネサンス。

まあネタバレっぽいこと言いますが、コレ最終的にマシンが人間をエサにするんですよ

人間の脳波の電気信号をマシンのエネルギーにする。

で人間は健全な精神状態のときに、より良い電気信号を発するという研究結果のもと、気持ちのいい仮想世界をつくりあげて、そこに閉じこめるんですね。

精神だけが閉じこめられた世界。

それがマトリックス。

現実のカラダは、太陽も届かない地上、カプセルに閉じこめられて培養。

ホントの自分の状態を知ることもないエサですね。

ただよくよく考えると、人間もまた動物にたいして似たようなことしてるもんなあ。

まあ僕はアニマルライツ派ではないんで、「動物を守れ」なんて言えないんだけれどね。

肉だって食べるし。

マトリックスはAmazonプライムでどうぞ。

一本200円でレンタルなり。

キョーのまとめ

どうやってマシンが反逆しないようにするんでしょうね?

マシンの頭脳を全部クラウドにつないで一括で制御する?

うーん、僕にはわからないなあ。

いずれにせよ、この業界注目ですわ。

どう進展するのか見ものです。