今回の株価急落はトランプの手のひらの上。祭はもうしばらく続く。

スポンサーリンク

利上げと株価はもはや関係ない

キョー@q_ohhhです。

株価が一時下落しましたが、ほとんどの投資家さんにはおりこみ済みの事態だったでしょう。

アメリカFRBの利上げが決定したんだから。

利上げが決定されるということは、 お金の流れが悪くなるということですからね。

借りるお金の値段が上がるということ。

でもここで利上げしとかないと、じゃぶじゃぶのドル余りになって、ドルの価値が大暴落。

だからFRBは、この2年の間、じゃぶじゃぶ政策は日本とヨーロッパにやらせて、自分たちは利上げでドルを守るということをやってきました。

トランプはFRBにキレたフリしてるけど、これは金融界や軍産複合体へのリップサービスですね。

トランプのシナリオは、11月の中間選挙までに株価を劇的に回復させることでしょう。

今のアメリカの株価、新興国から帰ってきた資金で爆上がり。

だから利上げは関係ないんですよ。

利上げしたって株価は上げられる。

今回の下げ、トランプは何も意に介しちゃいないですよ。

お金はまだたんまりアメリカ国内にあふれている。

トランプはアメリカ企業にたいして減税に出ています。

今まで外国で稼いだアメリカ企業は、アメリカに資金を戻すと課税されてたんですよ

トランプは、これを撤廃しました。

「お金よアメリカに戻っておいでー」です。

そんでもって新興国に関税戦争しかけ、アメリカから新興国の商品をしめだしてる状態。

新興国の成長をつぶすかわりに、アメリカ国内で産業が活気づく。

いま急速に、アメリカ国内に資金が増えています。

この資金の大部分が、大企業の自社株買いに流れてるんですね。

これが、いまの株高のカラクリ。

国際政治学者の田中宇さんによると「今年のアメリカの自社株買いは、昨年と比べて5割増しの1兆ドル超になる見通し」だということで、これがアメリカ株高の源泉です。

もはや利上げは関係ない。

株価はまた上がる。

まだ祭りが終わらない決定的な理由

株価と金(ゴールド)は真逆の動きをします。

とくに最近は、金(ゴールド)が上がるたびに金融界から叩きつぶされ、叩きつぶした代わり株があがるという事態がよく起こっている。

これはここ一年のダウ平均株価。

下が金(ゴールド)。

ようく見てね。

真逆です。

それと金(ゴールド)のチャート見るとわかるように、最近は1200ドル付近でじりじりしてるんですね。

なんか動きがトロイ。

過去のデータ見るとわかるんですが、株価のマズイ暴落が起こるときは、決まって数ヶ月前から金(ゴールド)が爆上がりしてるんですね

今回10月の株価下落、たしかに金(ゴールド)はちょろっと上がりましたが、これは株式の下落を受けて上がっただけで、金(ゴールド)の積極的な動きが見えない。

金(ゴールド)が積極的に上げてから株価が下がる。

順番は、金(ゴールド)が先なんですよ。

あとから株価が下がってくる。

なんでそうなるかといえば、リーマンショックが参考になる。

はじめての金読本より

金価格は、リーマン・ショックに先立つ1年以上前、

2007年8月に露呈したサブプライム・ローン問題という、

信用リスクを背景にすでに大きく急騰していました。

価格急騰をリードしたのは、いうまでもなくCOMEX

と呼ばれるニューヨーク商品先物取引所です。

取引所というと語弊があるので先物市場と言っておきます。

ところで、急騰前の価格水準は700ドル弱でしたが、

その急騰劇で天井を付けた翌年3月17日には、

ロンドンの午後の値決価格で1011ドルを付けました。

7ヶ月で300ドル強、これはどうみても上がり過ぎで、

相場の定石通り、その後いったん調整局面に移行しますが、

ふたたび上昇し7月15日に986ドルの天井を付けます。

当時のチャートをよく見ると、山がふたつできています。

これはつまり、相場が天井を打った時のサインとされる

M字のダブル・トップが形成されたということです。

案の定、その後、金価格は下げ始めるわけですが、

そんな折り9月15日にリーマン・ブラザーズが破綻しました。

そして相場商品が総売り状態になったわけです。

ここでもう少し詳細に当時の価格推移を追ってみましょう。

一般には、リーマン・ショックで金も売られた、

などと喧伝されているのですが、そうではありませんね。

じつは金価格は、そこから二週間上昇しています。

直後は信用リスクで買われていたというのが実態です。

当時を値動きを半年くらいのスパンで眺めると、

もちろん金融有事に遭遇して極度の急激な信用収縮にあって、

キャッシュが必要となって手持ちの金も売られた

という側面もたしかにあっただろうと思いますが、

むしろあまりに急激な高騰の後の大きな調整という色彩の方が

強かったと考えた方が正解に近いだろうと思います。

本来なら、相当長引いたであろう調整が短期に終わったと、

当時の相場については、そう考えた方が良いでしょう。

株価の大暴落の前には、決まって金(ゴールド)が爆上がりを見せる。

これが、これからの経済情勢を見るうえで最もシンプルな視点だと僕は考えます。

そういう意味では、今年2018年2月の下落は、あれは本格的な暴落でした。

チャート見てください。

2017年の12月から、金(ゴールド)がガツンと上げてきて、1月には抵抗ラインといわれた1オンス1335ドルを突破してきていた。

このあと2月5日に、株式市場は大暴落。

ビットコインも大暴落したときです。

あれから仮想通貨は復活していません。

合わせて読みたい

金(ゴールド)の威力はそれだけ凄まじいんですよ。

紙のお金や債券、仮想通貨といっても、いわば幻想の産物。

幻想をぶち壊すイマジンブレーカー。

それが金(ゴールド)なんですね。

その金(ゴールド)がまだ目覚めていない。

だから僕は、株式市場の祭りはまだ続くと判断します。

キョーのまとめ

トランプ政権は株高を非常に大事にしています。

それでもいつかはこのムリな相場は崩れる。

それが「いつか?」を見極めて、僕は空売りを仕掛けたい。

日本の市場こそじゃぶじゃぶマネーであふれかえってる状態ですから。

日銀が、利上げのアナウンスをすれば、日経平均はガツンと下げる。

これが第一弾で、第二弾の本格的な大暴落は、世界中から資金を吸い上げたアメリカが自滅するとき。

まだ時間はありそうだから、着々と修行と準備をしときたいと思います。