【医療崩壊】マツコの「AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」を見て。

享(きょう)@q_ohhhです。

先日2017/07/22の土曜、「AIに聞いてみた どうすんのよ!?ニッポン」という番組。

賛否両論あったようですが、それはさておき。

スポンサーリンク

財政破綻した夕張の医療事情

「病院減ったら健康になる」とのテーゼ。逆じゃないですよ。健康になったら病院減るではなく。「病院減ったら健康になる」。

北海道の夕張がモデルケースとして取り上げられていて、夕張は2007年に財政破綻しています。それで夕張には病院も少なくなったんだと。

そして、みなさん健康になったというんです。

はい?なにをゆうちょるのですか?

って感じですよね。

Twitterのタイムラインにこんな記事が流れていました。


なんと、夕張市立診療所で院長を勤めた森田洋之氏が「医療崩壊のススメ」などと言っておる。

医療崩壊のススメ…!!これは…!!

「医療崩壊のススメ」や「病院がない方が健康」とはあまりに過激なコトバです。

下記の著者が、ご自身医者であって、初めは「病院がない方が健康」に反発をおぼえたのだと。しかし下記のなかで客観的に「病院がない方が健康」の裏付けをとっていますね。

「医療崩壊のススメ」とは日本医師会にむけたコトバか

冒頭の番組のなかで、マツコ・デラックスさんが何度か「日本医師会を敵にまわしてるわね」というニュアンスの発言をしておられた。

それで日本医師会を私調べてみました。「武見太郎」という人物が重要です。

武見は1957年から1982年までの、なんと足掛け25年に渡って日本医師会会長を勤めあげた人物です。

だがどうも悪玉だ。1970年代から医療がどうもおかしくなったと、最近とある方から聞いた。ぴったり一致する。

ニクソン・ショックが1971年なんですよね。ニクソン・ショックとは、アメリカがドルと金の兌換をやめるということ。

実質、無限に紙幣を刷れるようになったということで、つまり国家の借金まかないたけりゃ、紙を刷ればいいんだということ。

これ詐欺ですよ。貨幣にたいする冒涜です。と同時に、この時からアメリカの衰退はハッキリしはじめたんです。貨幣にしろ医療にしろ、世界が一気に詐欺化したのが1970年代前半だと私は考えています。

魔の1970年代の日本医師会会長・武見太郎。こいつはどうもクエン酸をも封印している。

クエン酸は最近、注目されていますね。「クエン酸が流通すれば医師は生きてゆけない」と武見は主張します。

クエン酸を飲もう

私、酢を飲んでますよ。

黒酢のおかげか、あるいは最近買ったラジウムのシートの効果かわかりませんが、肌がつやつやになってきました。

クエン酸摂取して武見太郎と闘わないとな。

魔の1970年を越えて復活するんだ、日本人は。