哲学者、梅を買う。クエン酸って健康革命じゃないですか?

日本医師会の「武見太郎」というのが、クエン酸を封印したんだよ

ども。哲学バカのきょうさん@q_ohhhですよ〜。

たった今、南高梅を買いました。Amazonでポチッと。

無添加です。スーパーの添加物まみれの梅はイヤだね。

こちら悪玉・武見太郎のコトバ。

「アセンションpro」より引用

かつて、日本医師会のドンといわれたT会長の所にクエン酸の絶大な効果を、長田 正松氏(国連政治文化大学名誉教授)が話しにいったところ、

T会長は、クエン酸はだめだめ、もしクエン酸が世の中に広まったら、医者も病院も薬屋も廃業するしかない。

クエン酸が一番良いのはすでにはっきりと判っている、しかし安すぎて商売にならんし、第一、医者がいらなくなるので、とんでもないことだ、といったといいます。

この引用文のT会長が、武見太郎。とんでもない奴や。

だから僕は、武見の逆をとってやろうと。クエン酸を摂取したるぜ、と。

クエン酸の効能はコチラ。

上の記事をザッとかいつまんで説明すると

◯乳酸退治

◯血液サラサラ

◯活性酸素を退治して老化を防ぐ

◯ガンの予防

とまあ、良いことづくめ。

酸性に傾いたカラダをアルカリ性にするんですね。

アルカリ性の状態がいいらしいんです。

僕の場合は、友人にクエン酸をススメられたんですよ。

「カラダが蝕まれてますよ」って。

関連記事⬇︎

それで毎日、黒酢ジュース飲んでたんですが。

飽きたらずに南高梅に手を出しました。

というか、クエン酸を摂取すること自体が革命ですよね。

日本の医療はいま、過渡期に立たされている。

財政的にも、ひとりひとりの生き方としても。

だから僕は、革命を意識しながら梅干しを食べることにしますww

梅干し食べるだけで革命ですよ?

なんと手軽な革命。パリ・コミューンが嘘のような。

そして地方に興味をもつ

南高梅といえば和歌山。和歌山に俄然、興味がでてきました。

行ったことないんですよね〜和歌山。

僕は九州出身なんで、和歌山などは素通りしたまま、いま東京にいます。

地方の方はもっと自信持って欲しいですよ。最近は東京人からの尊敬が地方に集まり始めている。

この100年で近代日本が壊してしまったもの、地方がぜーんぶまっさらにパーフェクトに残してくれてるじゃないですか。

都会といっても日本の都会はもう大したことなくて、渋谷や新宿のビルはひっそりと老朽化しています。

日本は、都会じたいが老朽化してるんですよ。

新しい都会をつくった方がいい。それも日本海側に。

関連記事⬇︎

地方の食材に興味がわくなあ。

先代の日本人が残してくれた食。

地方に目をむけた時、日本人で良かったなあとつくづく思います。

あとは九州の大分の梅がAmazonでも楽天でも品切れ状態になってるんですよね。不作?

気になる。「豊の香梅」という梅干しです。

ほかにも日本の地方の食材を知りたい

梅以外にも探してみます。

いまのところ卵が気になりますね。有精卵。

とりあえずは。

届くのが楽しみだなあ南高梅。