本能は恋をしない?恋のカラクリ全容解明!

ダンディ張ってるきょうさん@q_ohhhです。

恋に身を焦がされ続けて、気づけばダンディになりました。

僕も思いこみは強い方だったから、ヘタクソな恋愛もたくさんしてきましたよ。

まったく、、

今じゃいい思い出だけれど、ガチで眠れない夜もありましたねえ。

若い子やアーティスト肌の人間は、壊れるほどに恋をする。

そりゃもう、カラダが破裂しそうなほどに。

男と女なんて、言ってしまえば生殖してれば事足りるものを、なぜにここまで非合理的に突っ走るんでしょうね。

「恋」には、人間の不思議が隠されています。

スポンサーリンク

本能が壊れた人間

男と女なんて、生殖してればいいんですよ。

動物として見るならば。

でも人間は、しばしば自らの動物性を逸脱して、生殖を超えた世界を恋に見るわけで、この世界は当人たちにしかわからない。

同性どうしの、いわゆるゲイやレズだって存在するわけで。

もう生殖なんか一切関係ないよね。

恋は、想像力の賜物なんですよね。

決して、動物性の本能からくるものではない。

想像力は、人間の特殊な部分で、宗教やマネーや倫理、もろもろ含めて人間しかない現象。

これ全部、想像力が生みだしたモノ。

「本能が壊れた人間は、幻想によって失われた本能をカバーするのだ」と、岸田秀氏は主張しました。

幻想にムラムラする

「唯幻論」といって、僕らの欲望は幻想によって裏打ちされている、との主張。

幻想を介さないと、欲望が出てこないんだ僕らは。

ゲスい話、たしかにそのへんのAVだってナースやコスプレ、特殊なシチュエーションで売ってるんであって、ただ「セックスします、はい終わり」なんて言った日には、売り上げなんか上がるわけないしね。

幻想や物語が、僕らの欲望をそそのかす。

マーケティング戦略の根幹ですね。

新しい人との出会いが楽しいのも、そこには謎が多いから。

謎に魅惑されていたいから。

想像力をそそのかされたいから。

まあこのへん、男の方が強く持ってる感覚なんでしょうけども。

ヤって終わりの男どもは、そこで幻想が終わってるからですよ。

男は、どシンプルに幻想にしたがって行動します。

一方、女の子は、自分の「性欲」と「付き合う」は分けて考えている。

それでも、とくに若い女の子が強く抱く幻想は、年上幻想ですね。

マジな話、男は年上の方がモテる。

そこにはやっぱり、「知らない世界を見せてくれる」という幻想への憧れがあるわけで。

幻想が目的を超える

ただ幻想にしろ物語にしろ、目的は生殖のはずじゃないですか。

壊れた本能をおぎなって、想像力をそそのかす事で、やっとたどり着いたセックス。

のはずなのに、しばしば幻想は目的を超える。

ゲイやレズビアンはその可愛い現れで、心中もそうだね。

もっといくと好きな人を刺すとか、さらに進めば好きでもなんでもないのに、出会い頭に殺す通り魔。

幻想の犠牲者たちが出てくる。

人間界では、しばしば幻想が暴れる。

モテるのも商売も本質は同じ

幻想は暴れさせるものではない。

うまく使ってあげるもの。

だから、この幻想性をうまーく使えるようになれば、恋も商売もスンナリいきますね。

商売では、それをブランディングと呼ぶんでしょう。

恋の秘訣は、「もっと知りたい」と思わせることかな。

まあそれでも、幾度も恋をしていれば、だんだんそんな幻想まみれの恋に限界が見えて、落ち着いた関係を求めるようになっていくんでしょうが。

いまの時代だと、人はそれを「愛」と名づけてるんでしょう。

でももっといえば、「愛」なんて大げさなコトバじゃなく、もっとゆるい人間関係だよね。

愛だろうと恋だろうと、あんま幻想に飲まれないことが、より良く生きる秘訣だね。

合わせて読みたい