【保存版】脂漏性皮膚炎の原因と治療。3つのステップ。※哲学者推奨!

スポンサーリンク

下記の3ステップを欠かさずどうぞ

ども。哲学バカのきょうさん@q_ohhhですよ〜。

僕、皮膚がかゆいです。常にどこかしらかゆいですね。

掻くのって一瞬だけ快感ともなうものですから、バリーっ!て皮膚を破くことも多いです。

やってしまったあとに「あ〜あ」です。

皮膚科では脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)と診断されています。

改善のため、ネットでもいろいろと記事を探しまわりましたよ。

記事ごとに書いてあることが、正反対だったりするわけで。

ものすごく振りまわされましたね。

それでもこちらの記事を読んで、だいぶ改善しました。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは、

  • →乾燥(セラミド不足)
  • →肌を守るため皮脂の大量分泌
  • →皮脂が大好物の悪玉菌(アクネ菌、マラセチア菌)の増殖

というサイクルのくりかえしによって起こります。

僕の場合、はじめは体、ついには顔が激しく痒くなってきましたので、徹底治療にのりだしたんです。

顔の脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)治療、実践したことは⬇️

  • 洗顔はお湯だけ
  • セラミド注入
  • ニトラゼンクリームで悪玉菌を退治

これを朝晩の2回です。

自分なりにまとめた結果、このサイクルになりました。

細かく流れを書きますよ。

1 洗顔はお湯!!絶対!!

まず、洗顔は絶対お湯です!!

ゴシゴシ洗顔料つかう必要ありません。

顔面崩壊ねらうならかまいませんが。

お湯です。水じゃダメですよ。水は油分落としません。

たしかに食器だって、油汚れはお湯で落としますしね。

だから絶対お湯で洗顔!!

皮膚炎がひどい時は、私は1日に5~6回はお湯で洗顔してました。

もちろん、そのあとのケアも合わせて行いました

2 はい!次にセラミド注入。

セラミドというのは、角質細胞間脂質といって、いわば善玉です。

一歩、皮脂と、皮脂が連れてくるアクネ菌、マラセチア菌が悪玉

  • 善=セラミド
  • 悪=皮脂、アクネ菌、マラセチア菌

と覚えておけば大丈夫でしょう。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)を治すには、善玉のセラミドを注入せなならんのです。

僕はそのあたりの薬局で、セラミド入りの化粧水を買ってきてつかってます。

わざわざ高級品買う必要ないですよ。

私が使っているのはコレ。

化粧水でいいですからね。

良かれと思って乳液まで使っちゃうと、脂だらけの顔に逆戻りです。

乳液いりません

私はここでミスって、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)を再発させたことがあります。

NO MORE 乳液!!

3 ニトラゼンクリームを皮膚科でもらう

そしてニトラゼンクリームを塗ります。

ニトラゼンクリームは、悪玉のマラセチア菌を殺菌する薬です。

これだけは薬局にいかないともらえません。

肌をお湯でキレイに保ち、退治するは悪い方のマラセチア菌。

注入すべきは善玉のセラミド。

これをひたすら続けて入れば、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は、しだいに治ります。

さいごに

いま以下の買い物をしました。

こちらはボディソープ。陰部はやっぱり石鹸つかいたい。

こちらはかゆい時用の霧吹き。

クエン酸が健康の土台。

2017/08/29追記。肌の調子が格段に良くなりました。

酢を飲むようにしたんですよ。

酢に含まれるクエン酸は偉大です。

私の場合は、黒酢ジュースでだいぶ改善されました。

やっぱり内面から治すのがいちばんですね。

クエン酸の偉大さはこちらに書いてあります。

合わせて読みたい