突如39℃の発熱。晩婚化の話と、あとは神学の話。

哲学屋きょうさん@q_ohhhですよ〜。

かなり死にましたよ昨日は。

まだ後遺症あるもののかなり回復しました。

久々に39℃の熱なんて出しましたね。

意識朦朧ですわ…。

カラダ全体痛いわ、ポカリのキャップもひねられん状態です。

シェアメイトいわくウニャウニャうわごと言ってたらしい。

こういうとき一人暮らしじゃなくて良かったと思いますね。

まあ結婚しろよ、という話でもありますが。

現代は結婚しない人も増えているといいますね。

そうかなー?という感はありますがね。

わりとみんな結婚してない?

まあ晩婚化が進んでいるのは確かかな。

あと離婚も多いよね。

晩婚か〜。

40歳で初婚の人見ても、もうフツウのこととして受け入れている自分がいます。

フツウだよね。

というよりあらゆるところで年齢層が上がってません?

いまもう60歳の方を「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼べない。

全然若い。

僕たちの中のふんわりある固定観念のプラス10歳くらいで物事が進んでるように見受けられます。

そういえば「週刊東洋経済」2017/07/22号で「人生100年時代の生き方」みたいな特集あって興味深かったなあ。

「ライフ・シフト」って本を題材にしてあるんです。

これは働き方や結婚観にもつながってきます。

働き方に関していえば、この特集でインディペンデント・プロデューサーといって、ま、コトバの通り、独立した立場で生産的な活動に携わるってこと、これが提唱されている。

これね、インディペンデント・プロデューサーなんてカッコいいような難しいようなこといってますが、そんな肩ひじ張ったものではなくて、自分らしく生きてれば必然的にそうなっていくんだと思います、僕は。

あとはそれをどう収益化するか?ということですよね。

そこがまだ、上手くインフラとして整ってないから、やっぱり嫌な仕事でもするっきゃないのか〜となってしまうんでしょうが。

実際、僕も思想や哲学、文学ばかり打ちこんで生きてきましたが、そんなものビタ一文にもなりやしない。

フランスの友人に「大学教授になればいい」と言われましたが、あ、その友人はフランスで憲法学者やってたんです。

でも僕、レール外れまくって高卒ですからね。

日本じゃ難しい。

フランスの彼いわく「本当ですか?フランスでは学歴は関係ありません。」だもん。

いいなあフランス。

日本には、学問もとい哲学にたいする尊敬は皆無です。

ヨーロッパはこういう知的作業を後生大事にしてきた経緯がある。

だから、知を何よりも重んじる土壌がある。

学問とはなにか。

学問と哲学はまったく別物。

学問は科学で、哲学は神学なんです。

このことは、日本では副島隆彦氏のみが声高に主張しています。

「数学なんて生きてて使うことなし」も事実。

まあ確かにスーパーで計算するくらいしかないよね。

数学は神学の婢女で、神学、哲学、数学とが仲間なんです。

だから数学者は「数式ほど美しいものはない」といいますが、あれは神学者のコトバなんですね。

まあだから、ふつうの生活に関係ないっちゃ関係ない。

スーパー行くくらいで神学やってりゃ頭狂いますよ。

ということでこのノープラン記事、熱が出たという話から、けっこう遠くまでやってきましたね。

高熱からまさか神学の話になるとはね。

ちょっと実験してみたかったんですよ。

ノープランってどうなるのか。たぶん所要時間30分くらいかな。

こういう負担のかからないやり方も悪くない。

いま僕はパソコンで打ってるんですが、ノープラン記事の場合はスマホにして、そのへんで寝転んで、それこそ具合が悪い時にもこうやって更新できればと思います。