北朝鮮関連の資料まとめ.

私はなんだか勝手にハードルを上げているようです。このブログを書くにあたって。

北朝鮮問題を調べはじめてからというもの、研究とブログ執筆が両立できず悩んでいる状態なんですが、それもこれも「いいもの書こう」と勝手にハードル上げているのが原因です。

さっきそのことに気づきました。

私にはまだ現代政治をサラサラと書ける能力はないです。そんな肩ヒジ張らずに好きにやればいいんだと気づきました。

いまテレビ見ながら書いてますから。それぐらいでいいと思う。

ですから、今日は集めた資料だけ載せていきますよ!

統一教会系の資料

○資料その1 オウム帝国の正体

下は日本を震撼させたオウム真理教を追った著作。統一教会のことも描かれています。ソ連崩壊後のロシアのことも書かれています。危ない本です。

プーチンが元スパイだということは皆さん知ってると思いますが、プーチンの出身はKGB。そのKGBとは別にGRUというスパイ組織もあるんです。

GRUがマフィアみたいなもの。各国で危ない仕事ばっかしてる。オウムも統一教会もここと繋がっていた。北朝鮮もです。

○資料その2 インサイド・ザ・リーグ

これもかなり衝撃的です。統一教会が日本に浸透していく過程が描かれています。戦後の満州人脈。ここから発展し、統一教会も名をつらねる勝共連合が、いまの日本の支配層です。

○資料その3 統一教会が貪る「2018年平昌五輪」

あとはこれ。新潮45の記事抜粋。アマゾンのKindleで100円ちょっとで買いました。

統一教会、中国上海閥、北朝鮮に関するネット資料

下に載せるブログの著者・永山卓也氏は、私が所属するSNSIというシンクタンクで、いくつか文章を書いている方です。去年2016年から毎日、金融関連のブログを更新されています。それが下記。「張徳江」という中国共産党序列3位の人物が、ウルトラ級に重要。

下もSNSI研究員の方。中田安彦氏の文章。読みやすいです。

今日はここまで。

追記

載せておこうと思いながら忘れとりました。2017/06/14追記。

元統一教会の信者の方のブログ。

この方、きちんと文献を載せてくれるからありがたい。

ネット記事、いままだ引用元を書かない方が後をたたない状態。そんななかで、この「ようのブログ」さんは、きちんと引用元を書いてくれます。

文章には引用元が必要なんです。大学の文章だけではないですよ。ネット記事にも必要なんです。これから書店を越えてネット記事が主流になっていくにあたって、引用元掲載は必ず必要なんです。

「オウム帝国の正体」も

「インサイド・ザ・リーグ」も

「ようのブログ」さんから教えていただきました。

ありがとうございます!!