仮想通貨とアリストテレス「ニコマコス倫理学」

スポンサーリンク

たった2ヶ月で名を馳せた女子大生

哲学屋きょうさん@q_ohhhですよ〜。

仮想通貨な女子大生さんって方がブログ界に降臨。

ちょいちょい失敗しながらも学んでいく姿、好感もてますね!

しっかし2ヶ月でよくこんなブログつくれるなー。

思い切りトレンド乗っかってるし。

人気でるだろうなー。

いいなあ。。。笑笑

まー僕は長期スパンで成長していきましょう。

自分の性質を大事にしながらね。

現行の経済はマジンガーZ

これまでの経済。商売。

商売の基本といえば、まずは原価計算。

そこに人件費、家賃を上乗せて、まああとは好きなように利益のせて、商品の値段を決める。

転売にしろ理屈は同じ。安く仕入れて、値段を好きにくっつけて高くする。

なんか美しくないんですよね。

とってつけたみたいな。

合体させたみたいな。

マジンガーZみたいな。

ロボット的。人工的。

あっちとこっちのバランスがガタついている。

だから、商売というのは美しくない。

「価値」とは何なのかわからなくなる。

粗悪品が高くなる場合もあれば、いいものが不当に安い場合もある。

全然意味わからん。

評価経済は彩り。より自然に近い。

ところが評価経済。悪いものは悪い。いいものはいい。

素直ですよ。ガタつきがないんです。

第一人者たちはこれを「なめらか」というコトバで表現します。

上の家入一真さん。たぶんこっちを意識した題名です。

仮想通貨であればこそ、通貨はより自然な価値を照らしだす鏡になる。

僕たちがまだフツーに使っている紙幣。一万円札。あれって融通効かないんですよ。

発行量の調整も遅い。量が正確なのかもわかりゃしない。

日本なら日銀ですね。彼らがいうなればコンピュータ。

仮想通貨でいうところのブロックチェーン。

でも人間の処理能力はブロックチェーンには勝てないから、紙幣が融通効かないものになってしまっているわけですね。

ちまたの価値量をキレイに反映できない。それが紙幣。

ちまたの価値量をキレイに反映する。それが仮想通貨。

ざっくばらんにわかりやすくいえば、そういえる。

ちまたの価値量をキレイに反映する仮想通貨、これはまるで鏡。

まるで鏡のように照らしだされた世界

美しいねえ。

古代ギリシャのアリストテレスは人類史上はじめて、貨幣をとことん考察した人物です。

彼は、貨幣が自然を大きく離れてあまりに人工的になったとき、その貨幣は「不正だ」と言い切りました。

価値を反映できない貨幣は役目を終えている。

貨幣は常に鏡でなければならないんです。

(ニコマコス倫理学に貨幣論が載っている)

貨幣が鏡であれば、よりよく生きることができる。

大きく自然に近づいてゆくことを「正義」と呼ぶ。

これがアリストテレスの考察した倫理です。

貨幣がありのままの姿を写す鏡ならば、人間が自然でいられる。

人間は自然の一部

とはいえ、それはモデル。理想論。

貨幣はありのままを写す鏡。そのとおり。

そうすれば人間は自然でいられる。そのとおり。

そしてそれはモデルでしかない。

モデル、理想というものはこの世では実現しないです。

常に付着、あるいは欲望、あるいは新しいものが混ざってくる。

神の世界じゃないんだから。それが人間だから。

そのうえで「混ざってくるものを受け入れないと」というのが僕の意見。

それが人間の醍醐味なんだから。

都市と地方、これがなめらかになれば。

美しさを絶対化しない。踏まえたうえで私が思う仮想通貨の未来。

それは、都市と地方の差異をなくす事だと。

僕自身、東京に暮らしながらいま、田舎への憧憬があります。

もともと福岡で東京に憧れていたんですがねw

関連記事▶︎なぜ東京に憧れる?田舎者からすればTVの世界に飛びこむのと一緒。

それがもう7年の東京暮らし。

自然や温泉、あとは食材。

日本の田舎っていいなあと思って通ってますw

関連記事▶︎東京から小旅行。クルマ1時間でイノシシ食べられるよ。

東京の良さ。地方の良さ。

これをなめらかに繋げていきたいです。

「食」から繋がっていくと僕は思っていますよ。女子が牽引すっかな。

仮想通貨をつかって、「なめらかにつながる都市と地方」。

これ実現できたらいいですねえ。

哲ガキ的まとめ

仮想通貨によって、本来の、最初に構想された通貨の思想に近づいている。

それはアリストテレスの時代に構想された通貨。

およそ2500年前の構想ですよ。

歴史ってすごいなあ。

合わせて読みたい