【哲学者が語る】原因不明の激しいかゆみを克服する、たった1つの方法。

カラダをアルカリ性にすべし!

ども。哲学バカのきょうさん@q_ohhhですよ〜。

もうホントに苦しかった。

かゆみですよ、かゆみ。全身、いたるとこが痒かったんです。

ずっと治らなかったんです。

皮膚科にいっても、ネット情報を駆使してみても。

もう全然ダメ。ぜんぶ的外れ。

それが、ここ最近はずいぶん収まりました。たったひとつの事を気を付けたんです。

それは、体をアルカリ性に保つ、ということ。

それで手っ取り早い話、クエン酸を摂取すればいいんです。

クエン酸は、黒酢や梅干しに多く含まれるそう。

そこらのコンビニのジュースでいいんですよ。私は毎日これ飲んでます。

あとはこっちも。↓の方がよりジュースっぽい。飲みやすいですよ。

あらゆることを試しても改善しないあなた。

あなたの体は、きっと酸性に傾いてるんですよ。

痒みは異常シグナル。

現代人は、とかく酸性に傾きがちだそうで。

いちおう上記の記事に照らしていうと、「酸性の体」という概念はまだ認められてないそう。

上記の執筆者の方は、酸性食品をとりこんで不健康になることを、酸性体質と呼べばいいんじゃないの?といっています。

まあとにかく、酸性のものばっか体にとりこむとヤバいですよ。

酸性のものといえば、お菓子やら揚げ物やら。

現代人が大好きなやつらですねえ。

血がドロドロになって、カラダの各部位にきちんと栄養が渡らない。

カラダが活性化されないわけですね。

あんまり詳しい説明は専門家ではないので避けますが、私がよく見る強健ラボというブログ記事によればクエン酸サイクルによって、カラダはリフレッシュするわけなんですね。

私の体感だと、これが痒みを打ち消すわけですよ!

私、毎日クエン酸を摂取することで、ホントに痒みが消えてゆきました。

まあ確かに、どう考えても不健康きわまりない生活してたもんで、当然ちゃ当然なんですがね…。

それで皮膚科に行っても治らないのも当然ですね。

不具合は、内面から治すべきだという事が、身にしみてわかりました。

そこに気づかずに5年間のた打ちまわってたわけですからね。

5年ですよ!5年!

痒みで寝れない日もありましたよ…

病院いけばなんとかなると思ってたこの現代脳。

日本人は世界一、病院にいくらしいですからね。

病院信仰にドップリ浸かってんのも考えものですよ。

私はバカだった…。

哲ガキ的まとめ

原因不明の痒みであれば、まず内面を見直すという、シンプルかつ的確な処方を施しましょう。

クエン酸がとくに大切。カラダをアルカリ体質にしましょう。

合わせて読みたい!→梅を買ってみました。クエン酸って健康革命じゃないですか?