東京から1時間で着いちゃう玉川温泉を、君は知っているか?

東京に疲れたなら大自然を

きょうさん@q_ohhhでっせ〜。

最近、投資関連のコムズカシイ事ばっか書いてたんで、僕の大好きな温泉と大自然をば。

僕は東京の中野に住んでますが、ちょいちょい遊びにいくのが埼玉のときがわ町!

ほとんど知られてないんだけれど、秩父の手前にあって、ヒョイっと行きやすいんですよね。

秩父とあっちゃ、ちょっと気合い入れていく感じだけれど、ときがわ町はドライブ感覚で到着します。

この写真は、五月に行った時。

で僕ら、今年の正月も突発的に弾丸ツアー行ってきまして。

年明けて、部屋でダラダラ飲んでてもヒマだって事で深夜1時に出発、ときがわ町までクルマでばびゅん。

朝5時から空いてる玉川温泉

(こちらは玉川温泉の入り口。昭和レトロなイメージ)

ときがわに到着したの深夜も深夜。

初詣とかいってグルグルしたけども、どっこも寝静まっとるというか…

なんか怖いわ!

僕はトランクで仮眠。

めっちゃ寒いです。

運転手の彼もグロッキー。

あ、もちろん彼は酒は飲んでないんだけど、ふだん朝早い人だから。

クルマに5人載せた状態でフラフラ。

僕はトランクで転がってて知らなかったけれど、運転手の彼、グロッキー過ぎてラブホに宿泊しようとしてたそう。

みんなで鬼のごとく拒否したそうな。

そしてついに迎えた朝5時。

いいねえ、正月のこんな時間から空いてるの。

従業員の皆さん、ありがとうございます!

(ヤギおるで)

いい感じでしょ?

まさにザ・温泉って感じで肌に染みわたる。

僕としては、やっぱ露天がよかった。

トランクでカチカチになった体が解きほぐれてゆく…

写真はHPより。「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」

さっきからチョロチョロ写真に写ってる彼は、ずいぶんとご満悦だった。

風呂上がりの肌のつやつや具合といったら。

彼、最近結婚したんだよね。

ま、それはいいや。

こんな感じで、あえて昭和っぽさを前面にだした造り。

奥にはベッドがあって(無料)、僕らをラブホにぶちこもうとした運転手の彼は寝てました。

この男ですね。

だいぶお疲れだった模様。

彼を起こして再びクルマ。

偶然通りかかった場所で、初日の出を拝むことができました。

まとめ

僕は、日本に生まれてよかったと思うほどの温泉好き。

いい正月を過ごせました。

(赤いとこがときがわ町)