軽いブログ名だけど、本当は「知識と学問」のため

松村享(まつむらきょう)、ブログをつくる

さて私、松村享は今回、自前のブログをつくりました。

サーバーつくって、ドメインがどうのこうの、ワードプレス?


は?

まず、このカタカナ語の濁流(だくりゅう)につまづきながら。私には、Web関連の知識ぜんぜんないです。

だから、ど素人が一からブログをつくりあげる流れも近いうちに書きます。きっと私と同じような人多いですからね。

タイトルに悩む

さて、いまのとこブログタイトルを「30代にして若人暮らしを満喫している件について in東京」としております。

はい。批判うける覚悟で、わざとこうしています。最初はタイトル「幻想破り」なんぞと構想してたんですがね。

「現代のルールは、戦後日本のヌルい幻想」「だから現代社会の幻想を破ってやる」とね。でも「幻想破り」というタイトル、ブログに表示させて気づきましたね。

「幻想破り」…なんか中二病っぽいですよねwww

だから「30代にして若人暮らしを満喫している件について in東京」としています。

2017年の東京において、30代の男が、若人暮らしを満喫しているというのは、(つまりは結婚も就職もせず、その日暮らしをしていること)これは、時代の現象として、どういうことなのかと。

自分の存在そのものを、学問対象の中心に投げこんで、たたき台にする。

「世界最先端の都市、東京の人々の心のなかで、なにが起こっているのか?」を考えるにおいて、私の存在じたいが、ひとつのたたき台になればいいと考えています。

そして本当は、ここのカテゴリーをつくりたいがために、つまりは学問検討をしたいがために、私は今回、ブログをつくったのです。

あとは「学問とお金稼ぎが両立するのか?」という難題がある。この「学問とお金稼ぎが両立するのか?」という難題のなかで、本ブログの立ち位置が、あります。

話がややこしくなってきましたね…

ま!つまりは、私にとっては、「知的に検討してみる」の、このカテゴリーが、本当はいちばん大事なのだということです。

そして今回の記事が、本ブログのいちばん初めの投稿でもあります。いつか遠い未来に、この記事をふりかえる時にも、最初の意気込みから変わらない自分でありたいと思います。

それでは。