マフィアと闘うBitMex(ビットメックス)!その評判は?【ビットコインFX】

スポンサーリンク

BitMex(ビットメックス)はアジアのデカさを実感させる

哲学者のきょうさん@q_ohhhですよ。

BitMexという仮想通貨取引所があるんですね。

香港の企業。

ビットコインFXの世界では、かなり有名。

なんと100レバレッジにしてゼロカット仕様。(負けても証拠金が溶けるだけで借金にならない)

「なんで、こんな大風呂敷な商売できるの?どうなってんの?」と思って調べたら、とんでもない世界が見えてきましたよ。

こちらサンデー毎日の記事。

4人で1日6000億円動かす「仮想通貨取引所」驚愕の実態より

4人で1日6000億円動かす「仮想通貨取引所」驚愕の実態

2017年9月17日号

「ビットコイン」をはじめとする”仮想通貨”。謎に包まれた業界の意外な実態が、関係者の証言で浮かんできた。

仮想通貨の売買はインターネット上に開設された専門の取引所で行われ、円やドルなどと仮想通貨を一定レートで交換できる。その一つ、中国の「BitMEX(ビットメックス)」は、仮想通貨の取引高が1日6000億円超にも上る世界有数の取引所だ。だが、同社は香港を拠点としているとの「噂(うわさ)」がある以外、ほとんど知られていない。

果たして、仮想通貨の世界とはいかなるものなのか。同社の社員に会ったことがある日本人投資家のA氏が、取材に対し重い口を開いた。

A氏によると、オフィスはやはり香港にあった。ただし、大きな自社ビルではなく、1日数千円で借りられるようなコワーキングスペース(共同作業室)が仕事場で、社員はたった4人しかいない。通過取引はクラウドで処理、手元にはネット環境とパソコンがあればいい。仕事場は不定期で変わり、今はどこにあるのか誰も知らないという。

極端な秘密主義には理由がある。同社は有名な取引所とはいえ、実際は、仮想通貨に精通した個人プログラマーによる”お友達グループ”。少人数で6000億円もの大金を動かしているため、常に誘拐の危険がある。ネット上の取引所のセキュリティーは万全でも、リアルな世界では無防備なのだ。「住所が知られたら、あっという間にマフィアにさらわれる」(A氏)という。ネット世界でも安全とは言いがたく、ハッカーらから1日平均200回ものサイバー攻撃を受けている。

もはや、現金決済を好む日本人の想像を超えた世界と化しているのだ。

東京証券取引所などを運営する日本取引所グループの1日の売買代金は約3兆円。だがビットメックスはわずか4人で、その5分の1の額を動かしている。日本の金融業界は、こうした現実をどう受け止めるのか。
(大堀達也)

いやマジでスッゲー世界ですね笑

たった4人でマフィアを煙に巻きながら…。

命まるごと投げ出して商売してる姿。

ブラックラグーンそのものやん!

BitMexの実態知ったせいで、昨日からブラックラグーン見直してます。

東南アジアを舞台にしたマフィアアニメ。

タイに集まる有象無象。

ここに、日本のただのサラリーマンが流れ着くところから話が始まるんですね。

この作者のアニメ、僕は好きで。

「ヨルムンガンド」という武器商人の話もある。

こういう、荒々しくも縛られない世界が、いまもアジアのど真ん中で繰り広げられているわけで。

だからBitMexよ。

たった4人でアンタらすごいな!

BitMexの4人、僕は尊敬しますよ。

狭っ苦しい日本で、ちまちまママゴト暮らししてる自分を恥じるレベル。

BitMex(ビットメックス)は、日本国内取引所と対極

すべて、何もかも対極なのが、BItiMexと日本の取引所。

ゼロカットというのは、顧客に借金が発生しない仕組み。

「俺たち取引所がいただくのは証拠金まで!借金はぜんぶ持ってやるから存分に遊んできな!」という大風呂敷商売が、ゼロカット。

BitMexを初めとして、海外の取引所が採用しているやり方。

ある程度、スプレッド(買いと売りの価格差)をつくって、利益を出す構図。

取引が増えれば増えるほど、利益になる。

だから、ゼロカットなんて大風呂敷を広げてるわけですね。

一方、日本の取引所、ゼロカットできないんですよ。

日本の取引所に、こんな大風呂敷はない。

金融取引法第39条のせいで。

日本の取引所は、顧客が負ければ得する仕組み。

スプレッドの利ざやより、客の負けが利益になる構図。

どうも日本の取引所、1990年代から、税金創出装置に成り下がったよう。

哲ガキ的まとめ

さあそんなわけで!

BitMexをやろう!とは僕は言いませんよww

身ごと命まるなげの「半か丁か?」の世界に、おぼっちゃんがヨタヨタ入っていってもムリだって。

彼らBitMex4人の激しい生き方に付き合えますか?

明日、命すらないかもしれない。

そんな世界ですよ。

BitMexで取引するということは、BitMexの4人にも賭けるということ。

オススメはしないですね。

生半可な知識と態度で踏みこんでいい場所じゃない。

それでも「勝負したらあ!」という人も、僕は尊敬します。

ただし、正しい知識と最大の慎重さを忘れずに。

BitMexはこちら。

古風な日本男児はどうぞ。